【2024年4月最新】給与所得税の計算シミュレーションができます。【無料ツール】

このほか、便利な税金計算ツールをTOPページで無料公開中です。

※ この計算ツールを用いたことによるいかなる損害等について、制作者及びアカウントエージェント株式会社は責任を負いません。自己責任でご利用ください。

使い方

給与収入の欄に、半角数字で年収を記入して「計算する」を押すと、給与所得の金額が出力されます。
(年収は「額面金額」です。税金・社会保険料が差し引かれる前の金額を入力してください。)

計算の内訳を見たい方は、<給与所得の内訳を表示>をタップしてください。

計算の内訳を見たい方は、<給与所得の内訳を表示>をクリックしてください。

目次

給与所得税の計算シミュレーションで分かること

給与にかかる所得税は、給与収入の全額にかかるわけではありません。

上記画像のように、給与収入(額面の年収)から「給与所得控除」というものを差し引き、残ったものから更に「所得控除」というものが差し引かれ、そこに所得税率を乗じることで所得税の金額が算出されます。

この計算シミュレーションツールでは、所得税計算の第一段階となる「給与所得」の金額(=給与所得控除後の金額)を計算することができます。

【解説】給与所得に関する所得税の計算方法

所得税には、大きく10種類の所得があります。

10種類の所得
  1. 利子所得
  2. 配当所得
  3. 不動産所得
  4. 事業所得
  5. 給与所得
  6. 退職所得
  7. 山林所得
  8. 譲渡所得
  9. 一時所得
  10. 雑所得

各所得を合計し、その後に各種所得控除を差し引くことで「課税所得」を計算し、所得税率を乗じることで所得税の金額を算出します。

確定申告の計算シミュレーションを行いたい場合は?

次のページで、確定申告の計算シミュレーションツールを無料公開しています。

所得税・住民税の計算シミュレーションツール【無料】

こちらのシミュレーションツールでは、「副業による雑所得」「医療費控除」「ふるさと納税」その他所得控除などにも対応しており、厳密な所得税額・住民税額の金額を算出できます。

給与所得の金額だけでなく、確定申告額(所得税・住民税)や社会保険料などを知りたい方は、こちらのツールもご利用ください。

このツールの監修者

藤沼 寛夫
公認会計士税理士

藤沼会計事務所 代表社員
アカウントエージェン㈱ 代表取締役
会計・税務の専門家として、長年の実績から精密な計算ツールを提供します。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次