公会計委員会研究報告第28号「国の財務書類の課題~国際公会計基準(IPSAS)との比較~」の公表について

公認会計士協会よりお知らせ

日本公認会計士協会より、2022年3月18日に公会計委員会研究報告第28号「国の財務書類の課題~国際公会計基準(IPSAS)との比較~」が公表されました。

目次

1.本研究報告の概要

本研究報告は、「国の財務書類」の概要や国際的な政府会計の動向を紹介するとともに、「国の財務書類」と政府会計版の国際会計基準である国際公会計基準(以下、「IPSAS」という。)の主な相違点を整理し、「国の財務書類」の改善に向けた提言を行うものです。

具体的には、財務書類において大きな影響のある事項について、「制度の枠組みに関する論点」「会計基準上の論点」「財務報告に係る論点」の3つ論点に分け、国の財務書類とIPSASの基準等との相違点を識別・分析し、日本の「国の財務書類」の「課題」と「今後の方向性」を提示しています。

本研究報告の論点は、以下の通りです。

制度の枠組みに関する論点

  • 財務書類の公表期限
  • 出納整理期間
  • 国有財産の情報精度
  • 会計基準上の論点
  • 財務書類の体系
  • 税収等の表示
  • 減損会計の取扱い
  • 退職給付債務の評価
  • 有価証券の評価
  • 連結関係

財務報告に係る論点

  • 財政の持続可能性に関する報告
  • 財務諸表の討議と分析
  • サービス業績報告

なお、本稿は本研究報告の概要を記述したものであり、詳細については下記をご参照ください。

日本公認会計士協会

https://jicpa.or.jp/specialized_field/20220318ecs.html

シェア
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる